読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッションたぶんPossible

どこにでもいるシステムエンジニアのなんでもない日記です。たぶん。

三月に獅子が吼えるから月島呑んだくれツアーをやってきた

雑記

IMG_1147


はじめに

 桜も咲き始めましたが、いいとこ一分咲き、まだまだ寒いし、なかなかお花見にしゃれこむわけにもいかない今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 元気? そうでもない? まぁどっちだって知ったこっちゃないんですけどね、お互い好き勝手に生きていきましょう。


 さて、こないだ羽海野チカさんのマンガ「3月のライオン」がアニメ化するというニュースがありました。オレもこの作品の大ファンなので、今からとても楽しみです。だから、というわけじゃないんですが、先週土曜はその「3月のライオン」の舞台である「月島」で飲み歩いてきました。


IMG_1219


 メンツはいつものこいつら。左から、元上司のイッセイさんと、ゲスな元後輩の天城さん。二人とも神妙な顔をしているように見えますが、単に薄暗いところで酔っぱらって焦点が合わなくなってるだけなのでお気になさらず。


 以下は、毎度おなじみこのイベントのルール説明。ルール自体はだいたいいつもと一緒です。ルールを守れないのもいつもと一緒。

  • 一軒の店で飲むお酒は一杯まで。
  • 一人一品ずつ、上限1,000円を目処につまみを注文する
  • お残しは許しませんえ
  • より沢山の店を巡ることを目標にする
  • 目標:6軒
  • ルールにあまりこだわり過ぎず、楽しくをモットーに

前哨戦:築地〜勝鬨橋〜月島

IMG_1126


 今回の集合地は築地:築地本願寺でした。なぜか? 実は最初は築地で飲み歩くつもりだったんですよねぇ。


IMG_1128

IMG_1130


 築地本願寺の境内では「dancyu祭り in 築地」っていうイベントをやってました。……お寺で酒かっ喰らうとか大丈夫なのかな? 親鸞上人もビックリなイベントでしたが、これが目当てではないので、軽く冷やかしてさっさと次へ。


IMG_1133

IMG_1134


 築地本願寺を出て徒歩1分、目当ての築地場外市場に着きました。このとき時刻は午後3時。前回の教訓を生かしてお酒のありそうな時間に来たわけです。が、たしかに酒はあったけれど、今度は店が開いていない……。相変わらず簡単に飲み歩きをさせてくれない街だなぁ、ここは。


 ここで方針転換をして、じゃあ比較的近い月島まで歩いて行こう、と相成りました。



IMG_1138

IMG_1141


 こち亀でおなじみの勝鬨橋。昭和の中ごろまでは橋の中央が割れて持ちあがり、大型の船を通していたそうです。今でも機構だけは垣間見えます。一度でいいから橋が上がるところを見てみたかったなぁ。


IMG_1140


 隅田川が綺麗だ。いい天気だなぁ。


IMG_1145


 勝鬨橋を渡ると高層マンションばかり目立つようになります。月島あたりはかつては下町だったと聞いていましたし、「3月のライオン」にもそういう風景描写がありましたが、我々が歩いた範囲ではあんまり下町っぽさはありませんでした。時代は移り変わるのか、たまたまそういうエリアだっただけなのか。


IMG_1149


 高層マンション事情を好き勝手喋りながら歩いていると、あっという間に月島商店街にたどり着きました。築地本願寺を出てから30分も経ってないので、手頃な散歩といえそう。
 まずは店を物色しつつ、街並みをぐるっと見て回ります。


IMG_1150


 たぶん街並みとかも統一しているんでしょうね。パチンコ屋の外観もシックなデザインになっていました。パチンコ屋を無くそう、とならないのは不思議なもんですなぁ。


IMG_1154


 単刀直入な名前の花屋さん。もうちょっとひねろうぜ。


IMG_1155


 長蛇の列ができていたメロンパン屋さん。甘い匂いが周囲に立ち込めていました。あやうく誘惑に負けるところだった。


IMG_1159


 とあるもんじゃ焼きやさんの前にあったぬいぐるみ。なんか随分お疲れのようでした。


1軒目:もんじゃ

IMG_1181

IMG_1163

 最初に選んだのは、やっぱりもんじゃ焼きのお店。店の外に芸能人の写真がいっぱい貼ってありましたが、テレビあんまり見ないんで船越英一郎とか美川憲一とかしか分からんかったです。まぁでも人気の店なんでしょう。


IMG_1164

IMG_1179


 店内も芸能人のサインだらけです。こういうのって、お店の人が目ざとく気付いてサインをお願いするんでしょうか? それとも芸能人側が名乗り出てサインを置いて行くんでしょうか? 後者だったら随分押しつけがましいな。


IMG_1165


 スタートはとりあえずビール。まぁ飲みなれた味ですね、フツーに。まぁその割にはこの店だけで3杯飲んだわけですが。


IMG_1167

IMG_1170


 もんじゃが準備できるまで、ちょっとしたつまみにネギバター。意外と焼けるのに時間がかかるんですね、長ネギって。


IMG_1173

IMG_1175

IMG_1176


 そして待望のもんじゃ焼き。まごまごしてたら店員さんが作ってくれましたが、ものの1〜2分程度であっという間に作ってくれました。あの鮮やかな手つきは必見です。


IMG_1177

IMG_1178


 実食。最初は水分が多くてなかなか焼けないから、チマチマチマチマ食うことになるんですが、後になると煮詰まってきて焦げるので、一気にガサッとすくって食うことになります。もんじゃにもいろんな種類というかトッピングがあるんですが、今回我々がチョイスしたのは「かきの土手鍋風」。これがなかなか美味かった。丸々太ったかきが細かく刻まれて入っているので、もんじゃのどこを食べてもかきの強い風味がします。なんてったってビールによく合う!
 できれば別の種類も……と行きたいところですが、ぐっと我慢して次行きましょー!


2軒目:フレンチバル

IMG_1184

IMG_1199


 「月島」=「もんじゃ焼きの街」、だからこそ別のものを探してみよう、ということで、2軒目はフレンチバル。こじんまりとしたオシャレなバルです。一人で来てカウンターでのんびりワインとか飲むのも悪くないだろうなぁ。


IMG_1186

IMG_1189


 我々が頼んだのは、グラスワインの赤と、ロゼ、そしてホットワインです。このホットワインが美味しかった。シナモンスティックが入っていて、ただの赤ワインとはまた違う良い香りがしました。晴れて良い天気だったとはいえ、やや肌寒かったので尚更暖かいワインが身にしみますね。
 その他サングリアとかも頼んだけど、写真撮り忘れたなぁ。


IMG_1191


 つまみに選んだのはにんにくの赤ワイン煮。ビールとかに合いそう。


IMG_1194

IMG_1196


 海老のエスカルゴ風。バケットに付けて食べると絶品です。残ったソースも美味しい。


IMG_1198

ブルーチーズのもんじゃ焼き風。「もんじゃ」とあるけど、もんじゃ感はゼロです。溶けたゴルゴンゾーラをスプーンですくって、はちみつをたらして食べるとサイコーに美味い!なんで青カビだらけの癖のあるチーズが、はちみつかけただけであんなに美味くなるんでしょうね、不思議。


3軒目:日本酒バー

IMG_1203

IMG_1206

IMG_1205


 さきほどのフレンチバルのすぐ隣にあるちょっと変わった店を3軒目に選びました。入口が開いて中が見えて無かったら、バーだと分からなかっただろうなぁ。いわゆる立ち飲み屋なんですが、内装も外観もとてもオシャレです。


IMG_1207

IMG_1209

IMG_1210

IMG_1212

IMG_1220

IMG_1222


 この店はとにかく日本酒がいっぱい。特に島根と鳥取のお酒が多く揃えていましたが、それ以外にも珍しいお酒がいっぱい並んでいました。とにかく3人で片っ端から注文してシェアしあいながら飲んでいきます。これがね、どれも美味いんですよ、困ったことに。


IMG_1225


 こちらは熱燗。いわゆる「つるつるいっぱい」の状態で出してくれます。


IMG_1215


 この店の料理名は一風変わったひねったものが多かったです。写真とか無いんで、気になってつい注文したくなります。こちらは「牛肉スルメ」。ビーフジャーキーっぽいけど塩辛くはないし、食感はたしかにスルメっぽくもあるし。噛めば噛むほど肉の味がしみ出してくるので、酒のアテにはちょうどいいです。


IMG_1216

 おでん。おぼろ昆布が嬉しい。


IMG_1217


 パッと見、普通の稲荷寿司ですが、中にワサビ菜と鯖が入っています。甘く煮込んだお稲荷さんにピリッと辛いサクサクした食感のワサビと鯖の香り。お花見とかのお弁当に持っていきたい一品です。


IMG_1224

 オレらがこの店で飲んでいる時、たまたま店に訪れていた簸上清酒の社長さんがいらしていて、七冠馬というお酒を振舞ってくれました。このお酒もとても飲みやすくて美味しかったです。
 上の写真は社長さんとその息子さん。美味しいお酒をご馳走頂き、ありがとうございました。


IMG_1227


 店のすみにあった、目の入ってない達磨。お店の人に聞くと、なんとなく目を入れてないだけなんだそうな。そのうち子供たちにクレヨンで塗って貰おうか、なんて話してました。クレヨンで開眼式かぁ、斬新過ぎる。



IMG_1228

 店を出るとすっかり暗くなっていました。さて、次はどの店に行きますかな。


4軒目:イタリアンバル

IMG_1234

IMG_1237


 4軒目は、メインストリートからちょっと外れた通りにあるイタリアンバル。店先の看板にある「魚」の文字に惹かれた次第です。


IMG_1238


 食前酒。クラッシュした苺が入っていて美味しかったんですが、オレはこぼしてしまってあんまり飲めませんでした。お店の方、本当に申し訳ない。


IMG_1239

 いわゆる南蛮漬け。本当はもっと別の料理名なんですが、酔っぱらった頭では覚えられませんでした、(・ω<) テヘペロ
酢を使っている割に全然酸っぱくないです。オレはもうちょっと酸っぱい方が好き。




IMG_1243

 ガーリックトーストのバケット。これだけで酒が飲める。


IMG_1245


 メインディッシュのアクアパッツァ。魚の骨が苦手、という人はあまり好まない料理かもしれませんが、我々は魚大好き!もくもくと一言も喋らず食べ続けます。


IMG_1248


 ヤリイカのイカスミ煮。これだけでも美味いんですが、バケットに付けて食べると美味さで人が殺せるんじゃないかというレベルに達します。なにこれヤバイ


IMG_1241

IMG_1242


 この店も日本酒が多かったので、ガンガン日本酒を頼みます。イタリアンバルでイタリア料理を食べてるのに、なぜか日本酒が合うのだから不思議なもんだ。ぐびぐび。


IMG_1249


 外が暗くなる一方、街はにぎわいだしてきて、どこのもんじゃ屋さんでも列ができ始めていました。けっこう酔ってるだけに並ぶのはヤダなぁ、気軽に入れそうな店をフラフラ探してみますか。


5軒目:もんじゃ

IMG_1255

IMG_1256

IMG_1259

 というわけで細い路地の奥で見つけたいかにもなお店をチョイス。5軒目でぼちぼち良い頃合いだし、最後に「月島」らしくもんじゃ食べて〆ようか、となりました。
 しかしこの店も芸能人のサインが多いな。実は月島のもんじゃ屋はどこもこんな感じなんだろうか。


IMG_1260


 ドリンクもテキトーです。ホッピーとかウーロンハイとか。


IMG_1265

IMG_1267

IMG_1268

 もんじゃは東京下町生まれのイッセイさんが作ってくれました。最初の店の店員さんとまでは行かないものの、さすが下町っ子、なれた手つきです。これは一応「上司の手料理」ってことになるんだろうか?
 それにしても、もんじゃ美味いなぁ。生まれも育ちも信州のオレにはあまり縁のない食いものだったんですが、すっかり好きになりました。今後ちょいちょい食べに来よう。


総評

 酔っ払いに総評もへったくれもありません。どの店も美味しく楽しかったです。
 今回紹介してないところでも、行きたかったけど泣く泣く諦めた店がいっぱいありました。天気の良い日を選んで、散歩を楽しみがてらまた月島を訪れたいと思います。


 さて、次はどの街に行こうかな。



 それ以外の写真はこちら。


 以前の飲み歩きはこちら。


IMG_1278


 帰りは有楽町駅までぶらぶらとお散歩。ほろ酔いで夜の銀座を散歩するってのも、なかなかオツなもんですな。