読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッションたぶんPossible

どこにでもいるシステムエンジニアのなんでもない日記です。たぶん。

4/6(土)、vs大宮、味スタ



FC東京 0 - 1 大宮



 試合が開催されてからずいぶん時間が経ってしまったで、簡単に。



 いやぁ、本当に勝てないですねぇ。この試合の敗戦で3連敗。この文章を書いているのは一週間以上経った4/17なので、そこまでの結果を含めるとなんと公式戦4連敗。結果だけ見れば「今年のFC東京は弱過ぎる!」とサポーターからブーイングをされてもしかたない状態。ところが、内容は良いんですよ。高速で細かくパスを回し、最前線から飛び出して果敢にゴールを狙い、ハードワークでピンチの芽を早期に潰す、と理想を絵に描いたようなサッカーが出来ている。しかし結果がついてこない。なんなんでしょうねこれは?



 強いて悪いところを探すなら、枠に飛ぶミドルシュートがない、右サイドからのクロスが浅い、など挙げられなくもないんですが、それが決定打ではないような。単に「フィニッシュの精度」という言葉だけで片付けて良いものかどうか、迷いが生じるところです。もっと根本的に間違っていないか、本当に今のサッカーの方向は正しいのか。



 門外漢として言えることはいくらでもあれど、我々はランコ・ポポヴィッチにチームの采配を委ねており、その彼が「このサッカーで間違ってない」「結果は必ずついてくるから今のサッカーを継続する」と言っているのですから、やはりサポーターも信じるほかありません。ヨネのようにメキメキと存在感を強くしている選手もいますし、平山もこれから上り調子になるはず。今は耐えましょう。



 一方の大宮ですが、現在までに17戦負け無し(昨季から継続中)で、J1記録タイだそうです。守備的なチームという前評判だったので、思いっきりリトリートしてくるのかと思いきや、非常に高いDFラインを保ち、何度となくFC東京攻撃陣がオフサイドトラップに引っかかっていました。前線と最終ラインの距離をコンパクトにして先週の密集度を高めることでボール奪取率を高める、非常にレベルの高い「守備的布陣」だったと思います。あれを崩すのはなかなか大変でしょうね。今回土をつけるのがFC東京でなかったことが非常に残念ですが、どうせなら次にアウェイで対戦する時まで記録を続けて貰って、我々の手で終止符を打ちたいですね。






今日のオマケ


 GK権田選手がこの試合でJリーグ通算100試合出場達成、試合前にセレモニーが行われました。奥さん美人やなぁ…って、この写真じゃ分からないですが。



 不定期開催の「青赤横丁」。心配された春の嵐は幸いにも試合前に雨を降らすことは無く、蝗軍団ことFC東京サポーターの腹を満たしていました。オレもブラジルソーセージとトムヤムクンラーメンを食べたけど、美味かったなぁ。よくよく見ると阿久根社長もいますね。このくらいサポーターの話を聞いてくれる社長がいるのは、FC東京にとっては最大の自慢のひとつですな。



 春の嵐を心配して、サポーターも屋根のある場所に集中していました。雨はハーフタイム前に振り出したんですが、試合中はそれほどでもなく、むしろ帰り道が土砂降りで大変でした。