読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッションたぶんPossible

どこにでもいるシステムエンジニアのなんでもない日記です。たぶん。

3/19(水)、vs鹿島、味スタ【ナビスコ杯】

雑記 FC東京

IMG_4030


FC東京 3 - 1 鹿島


 2014シーズン開幕から実質4試合目にて待望の初勝利! いやぁ、監督が変わったばかりで勝てないと辛いですねぇ、どこまでミステルことフィッカディンティを信頼していいか、疑心暗鬼になっちゃいますもの。まぁそれは今回の勝利でも完全に払しょくできたわけじゃないんですが。


 FC東京はこの試合、ターンオーバーを実施します。前試合からなんと8人もスタメンを入れ替えての試合開始。今季からJリーグベストメンバー規定が大幅に緩和したことにより実現できたのですが、それにしても8人とは……。ランコ・ポポヴィッチ前監督でもターンオーバーが許されたACLでここまでの入れ替えを行ったことは無かったはず。フィッカディンティは意外にも豪胆なのかもしれません。
 一方の鹿島の布陣は、チームの若返りの最中ということもあってフレッシュな(見慣れない)選手が目立ちますが、それがターンオーバーに依るものかどうかは分かりません。


 この試合は結果の通りですが、序盤からFC東京優勢でした。エドゥの代わりに平山と渡邉千真がトップに入り、その後ろを河野と羽生、ボランチを米本と野澤、CB に森重と吉本、左SBに太田、右SBに松田が入ります。前試合のスタメンは千真と宏介、森重のみ。まさか徳永まで変えてくるとは思ってなかったので、この采配にはビックリしました。


 この采配が的中、前半試合開始すぐに米本のパスから抜け出した河野が先制弾、続いてコンビネーションから宏介が僅かな合間を縫うようなシュートで2点目。好調鹿島を相手に早々に優位な試合展開となります。……オレ自身はこの辺はスタジアムに着いたばかりで見逃しました。orz


 後半を勢いは変わらず、松田のクロスから三田が頭で押し込んで追加点。鹿島も、小笠原の絶妙なループパスに抜け出した本山がゴールを決めて1点返されますが、反撃もここまで。FC東京が今季初勝利を手にすることになりました。


IMG_3606

IMG_4081

IMG_3681

IMG_4113

IMG_3904

IMG_4200


 この試合の良かったところは、まぁ数え切れないほどありました。出場機会の少ない選手たちがこぞって結果を出したこと、ナビスコ杯とはいえ今季初勝利を手にしたこと、フィッカディンティ体制初勝利であること、吉本が約6年ぶりにFC東京で出場・勝利したこと。


 個人的にはこの試合のキーマンは羽生だったと思っています。オレは試合中殆どカメラを構えてファインダー越しに試合を見ていたのですが、殆どのシーンに羽生がフレーム内に収まっていました。特に守備での彼の活躍は凄まじかった。この試合の華々しい結果は、彼の懸命なランで支えられていたことは間違いないと思います。
 ちなみに、鹿島側で頻繁にファインダーに映り込んでいたのは遠藤でした。前回は遠藤に2失点やられましたし、今後彼が鹿島のキーマンになって行くんじゃないかと思います。


 一方、今回は大幅なターンオーバーを行った結果としての勝利でした。普段試合に出れない選手が活躍してのこの結果です。じゃあ、普段は? 選手のチョイスは適切なのか? 采配は戦術はあれで良いのか? フィッカディンティの監督としての役割が適切に果たされているのか、ひとつ疑問符が残りました。では次の試合のチョイスはどうなるのか、今回の試合結果は反映されるのか?
 我々は見守るしか出来ませんが、そろそろフィッカディンティ監督の資質を見極める時期が来たように感じます。


 ともかく初勝利!次は多摩川クラシコです。川崎はACLの影響もあってか不調なようですが、油断せず勝ち切りたいものです。



 今回のオマケ


IMG_3459


 ナビスコ杯なので、ヤマザキナビスコのお菓子を抱えたコンコースのドロンパ人形。


IMG_3751

IMG_3772


 いつもの我らがドロンパ。相変わらず大人気でした。


 その他の写真はこちらから。