読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッションたぶんPossible

どこにでもいるシステムエンジニアのなんでもない日記です。たぶん。

7/17(水)、vs甲府、味スタ

雑記 FC東京



FC東京 4 - 1 甲府







 おかえり、JFK


 2010年9月11日、城福監督は成績低迷の責任を取らされFC東京の監督を退任しました。あれから約3年、FC東京は抵抗の甲斐無くJ2に落ち、大熊監督のもと1年でJ1に返り咲き、ランコ・ポポヴィッチに監督が変わって2年目になりました。一方、城福さんは一年間の評論家・解説者キャリアを経て当時J2だった甲府の監督に就任、1年で甲府をJ1に押し上げました。東京は城福さんから2人監督が変わっても、城福さんが築いたパスサッカーを目指し続け、一方、城福さんは首都とプロヴィンチア(地方)、状況は大きく変わっても、その地域を盛り上げる為に Moving Footballを目指すというスタイルは変わっていません。
 一貫した目標と熱いパッション、3年前、出来る事ならあのまま城福さんと一緒に戦い続けたかった。J2に落ちるなら一緒に落ちたかった。ACLも一緒に戦いたかった。俺達にとって城福さんは、誇るべき盟友であり、頼り甲斐のあるリーダーでした。


 だから敵将としてであれど、城福監督が味スタに戻って来てくれたことは本当に嬉しかったです。彼と一緒に世界を目指したかったなぁ、またいつか一緒に目指せると良いなぁ。彼が味スタのピッチに立った姿を見たとき、やっぱりオレは城福さんが好きなんだなぁと改めて感じました。



 とまぁ前置きは長くなりましたが、今節は元FC東京監督のJFKこと城福さん率いる甲府との対戦。城福さんの肝いりで同じ甲府に移籍した羽生は、契約の都合(FC東京戦には出場出来ないというのが移籍条件だったらしい)今節は不出場。できれば羽生にも会いたかったなぁ。



 試合はFC東京の完勝。試合そのものも完全に支配していましたし、それが得点と言う結果にも結びついています。何も城福さんが来た時にやらんでも、と思わなくもないですが、勝負の世界なんで、ここは割り切って行きたい所存です。

 前半はいつものパスサッカーでしたが、これは甲府のハードなチェイシングでミスを多発。なかなか思うようにボールを維持出来なかったように見えました。それでもルーカスの叩き付けるヘッド弾で同点に追いつきます。
 後半入ってすぐアーリア→ネマに交代してからは、パスサッカーとショートカウンターを織り交ぜる形で攻撃の形が多彩になり、一気にFC東京優勢となりました。
 得点王争いをしている千真にも逆点ヘッド弾とカウンターからの4点目が生まれ、特にネマの3点目は、完全に東が打つとおもっていたところに、東が軽く落としたところに走り込んで来たネマのゴールと言う、これまたラブリーなゴールでした。ああいう点の取り方が今後もできるといいなぁ。


 ただ、1点目の点の取られ方にはMoving Footballを感じました。ゴール前でのパスの上下連動からDFラインが崩れた状態にされたところでの先制弾。これは、累積警告による森重不在は正直かなり影響が大きかったと思います。事実、前半はずーっとDFや後ろ側で繋ぐパスにミスが多発し、その都度自陣ゴールが脅かされました。う〜ん、森重不在時の練習も必要なんじゃないかな。



 同点弾にもなった、千真の1点目(ヘッド)。



 千真の2点目。1点目もそうですが、ゴールシーンがちゃんと写真に撮れることなんてまずないので、こうやって綺麗に撮れたことが凄く嬉しいです。取った後にやけちった。





 お立ち台は2得点上げた千真。前のハットトリックやった時のコメントの方が面白かったなぁ、真面目過ぎてツマラン。


今回のオマケ




 テクニカルエリアのギリギリに立って戦況を眺める姿は3年前と変わりませんね。でもそれは甲府のためであって、東京の為じゃありません。そうあるべきだし、



 試合後、FC東京ゴール裏の城福コールに深々と一礼したあと、甲府のゴール裏に選手達とともに向かう城福監督。監督がサポーターのところまで挨拶に行く事は稀なんですが、それは大敗のお詫びの意味でしょうか?それとも自分は甲府と共にあると言う証明の為でしょうか?



 キャンペーンでコンコースにいた着ぐるみ。鳥の方は五輪招致のマスコットで、狸?犬?の方は甲府観光大使のようです。



 城福さんに注目しているのはFC東京サポーター共通のようです。有志が作成した新聞をもらったのですが、やはり表紙は城福さんでした。



 雨のせいで屋根の無い席が埋まらない観客席。ちなみに雨は試合終了までに止みました。



 生ビールが350円!居酒屋より安い! ちなみに缶ビールは500円でした。



 FCサバデルとの親善試合のチケットを手売りする森重選手。この試合は累積警告で出場できないので、裏方に徹していたようです。別の広報の人が「森重選手は今季もうカードを貰わないので累積警告になることはありません。こんなチャンスは今日だけです!」というアピールが、森重選手の苦笑とその他サポーター達の爆笑を誘っていました。




 なぜか川崎ユニの女性が!?8/10(土)開催の川崎vsFC東京戦(等々力競技場)のチケットの先行販売に川崎のスタッフが来ていたようです。おそるべし、川崎の商魂…。
 オレももちろん買いました。…でもその日、別件でなんかあった気がするんだよなぁ、海岸沿い方面で。なんだっけ?




 毎度おなじみコンコースのドロンパ人形。今日はアイドルグループ「アイドリング」が試合前にショウをやるので、それに合わせての衣装のようです。



 アイドルグループ「アイドリング」と我らが東京ドロンパの特別ユニット「アイドロング」が結成され、アイドリングの新曲を披露していました。



 ハーフタイム、横断幕を持って場内を回るアイドリングの面々。



 毎度おなじみ、我らが東京ドロンパ。千真ックスで千真に吹き飛ばされてました。