読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッションたぶんPossible

どこにでもいるシステムエンジニアのなんでもない日記です。たぶん。

3/31(土)、vs広島、味スタ



FC東京 0 - 1 広島


 クラブ史上初の4連勝がかかった試合でしたが、結果は無念の黒星。雨と強風で荒れるピッチは、パスサッカーのFC東京には辛かったかもしれません。


 前節で退場し出場停止となった長谷川と、怪我で出場を見合わせた梶山、どちらも開幕以降のFC東京の好調を支えてきた2人の不在は、久々にスタメン入りした田邊草民が埋める形で始まったこの試合。試合そのものは前後半通してFC東京が支配していたと思います。いつものパスサッカーで高ポゼッションで広島陣営を崩そうとするFC東京、対して広島はFWがプレスをかけ、それ以外はややリトリートした形でそれをさせない、という構図になりました。


 FC東京も人数をかけて攻撃しようとするんですが、MF以下が殆ど残っている状態が多く、壁が厚くてフィニッシュまで持ち込むことができません。特に右サイドがかなりキッチリケアされてしまい、徳永やナオがエンドラインまで上がり切れない。真ん中は真ん中で分厚過ぎてドリブル突破もセンタリングも上手く行かない。


 反対に攻撃は、佐藤寿人、大崎、高萩の俊足3人を中心に一気に攻めてきます。大崎のスピードにはこちらのDFも何度も置いて行かれて、再三ピンチを招きました。元々最近のFC東京のDFラインは連携がかなり怪しくなっていたので、見ていて非常にヒヤヒヤしました。
 結局のところこの不安は的中し、後半開始直後に右から入ったクロスに佐藤寿人が一瞬スピードで抜け出してシュートを決められ、それがそのまま決勝点になってしまいました。


 広島は、どうもうちとはドン引いてカウンター中心の攻撃を敷く傾向にあります。他とやるときはもうちょっとモダンなサッカーをしている気がするんですが…。スカウティングも役に立たないのか、割と対応し切れずに負けてしまうケースが多い気がします。いいかげん広島のつまらん策略に翻弄されるのはなんとかして欲しいなぁ。


 あの分厚い壁をこじ開けて点を取るには、個人的にはもっとミドルシュートを打っても良かったんじゃないかなと思っています。なにせサイドも切り裂けない、中央突破もできない、クロスも上げられない。打つ手が殆ど無いのだから、長距離砲で相手のDFを翻弄するくらいはドンドンやってもいいんじゃないかと思います。その割に、ミドルは秀人の1本だけだったというのも寂しい話。シュートコースを切られてて打ちにくいのは分かりますが、パチンコみたいになって入ってしまうケースもあるし、多少無茶でも強引に点を取りに行って欲しいものです。


 あとはやっぱりDFライン。オレはあの得点は防げたと思うんですよねぇ。佐藤寿人に対するuマークが甘過ぎた。他にも権田が不用意に飛び出したりと、DF陣の連携はけっこうボロボロです。雨と強風でピッチコンディションが悪いことを差し引いても、う〜ん、ちょっとどうかと思う。正直「やっぱり今野がいなきゃダメだな」なんて思いたくないので、そろそろ無失点試合が出来るように改善を急務として欲しいですな。


 良かった点は、久々出場の大竹。大竹らしく、スルーパスにドリブルにと躍動した姿を魅せてくれました。やっぱり大竹には青赤が似合うなぁ。レベル的にはナオや羽生、谷澤と遜色無いと思っています。梶山不在がどのくらい続くか分かりませんが、今のうちにポポヴィッチに思い切りアピールして欲しいですね。



今回のオマケ


 味スタの場外広場で開催された「青赤横丁」。浦和だと、埼スタまでの道にケータリングカーがいっぱい並ぶ様子が見られますが、あれのFC東京版がイベント企画として開催されたものです。再び千葉からソーセージの喜作がやってきていて、100mくらいの列を作っていました。オレも食いたかったけど、さすがにアレに並ぶ気力は無かったw。比較的空いていたケバブサンドとぶっかけ深川めしを頂きました。二日酔いでもとっても美味しかったです。