読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッションたぶんPossible

どこにでもいるシステムエンジニアのなんでもない日記です。たぶん。

3/10(土)、フットサルクラブ告知メール

 いつもお世話になっております。某システム開発企業フットサルクラブ部長をつとめております滝川です。最近特に寒くて困っちゃいますねぇ。週末に飲んで帰ったらうっかりそのままコタツで寝てしまい、ちょっと風邪っぽくなったところに無理を押したもんだら一気に悪化して、今は喉がポンポコリンです。どうやら痛覚が無いところが腫れてるらしてく、痛くはないんですが、圧迫感が凄まじい…。皆さんもアホなことしてないで健康管理に気を付けて下さいね♪


 というわけでまたクラブの活動告知を社内メールに書いたのでこちらにも掲載します。今回は、昔はご近所さん今は飯田橋にあるRIAで超有名な企業様のフットサル部の方からお声掛け頂きました。いつもありがとうございます。

 クリプトン・フューチャーメディア社のDTMソフト「初音ミク」は昨年8/31で発売4周年を迎えました。その人気は衰退するどころかますます増すばかり、CD発売は勿論、Google ChromeのCMにも採用され一般認知も進み、7月にはなんと米国LAでライブも開催されました。Web上で開催された「ロンドン五輪の開会式で歌って欲しい歌手」という世界規模のアンケートでも、あのレディ・ガガを抑え堂々の一位を獲得したそうです。今回のフットサルの前日(3/8,9)には日本でも大規模ライブが開催されますが、チケットの競争率は何倍だったんでしょうね?
 満4歳を迎えついに世界的アイドルとなった初音ミク、その人気は一体何処まで行くんでしょう?


 さて、その初音ミクが起因で4年前に誕生した「MMD」をご存知ですか?日曜プログラマの樋口優氏が開発した「MikuMikuDance」は、3Dオブジェクトを素人でも簡単に動かす事ができるツールです。初期版はわずか70時間弱で開発されたとのこと。
 MMDは映像の美麗さよりもリアルタイム動作を重視し、付けたモーションを動画で即時確認できるのが特徴。VOCALOID歌唱データでの口パクや物理エンジンによる重力・衝突表現を実現、Kinectを使ったモーションキャプチャや3D Visionによる立体視も可能です。
 MMDで動かすデータも、キャラクターや背景、特殊エフェクトなどが数多くの公開され、誰でも無料ですぐに3D動画が作成できる状況になりました。


 それらの集大成がニコニコ動画で半年ごとに開催される「MMD杯」。前回開催された第7回は作品応募総数がなんと400以上、優勝作品はわずか1週間で60万再生を記録、今やネットでも一目置かれるビッグイベントとなっています。ちょうど先週末から第8回大会が開催中、この一週間の間にマイリストで投票する仕組みになっていますので、面白い作品を探してみるのも一興かもしれません。


 樋口氏は昨年MMDの開発終了を宣言、既に別の有志によって後継アプリの開発が始まっています。「政治家とデザイナーとエンジニアだけが世界を変える事ができる」という言葉がありますが、一大ムーブメントを巻き起こしたそれはまさに革命と呼べるでしょう。我々もエンジニアとして励みにしたいものです。




Let's Dance Now!次回フットサルのお知らせです。
(以下省略)


 なお、弊社フットサルクラブは外部の方もウェルカムです。面識のある方に限定はさせて頂いております(なのでここには日時や場所は記載しません)が、もし参加したいという方、いらっしゃいましたらお声掛け下さい。