読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッションたぶんPossible

どこにでもいるシステムエンジニアのなんでもない日記です。たぶん。

4/29(火)、vs名古屋、国立競技場


IMG_6715


FC東京 0 - 1 名古屋


 GW開催、かつ、現在の国立競技場ラストの試合ということもあって、国立競技場を満員にするほどの観客の中でしたが、残念ながら結果はセットプレーからの失点で敗北。シュート数は圧倒的に名古屋を上回っていましたが、それらのチャンスを生かしきれず、逆に向こうにワンチャンスを決められたのが口惜しいです。でもそれも含めてサッカーですしねぇ。


 前半は両社ともほぼ拮抗した試合展開だったと思います。身内のひいき目があるかもしれませんが、若干FC東京が優勢だったようにも感じました。
 ……それが良くなかった。後半開始直後に名古屋の猛攻に遭い、その流れからCK献上→矢野貴章に一発を決められ失点。その後流れを取り戻すも、最後の最後まで一点が奪えず、試合終了を迎えました。


IMG_6704

IMG_6737

IMG_7053

IMG_7077

IMG_7121



 今回改めて感じたのは、名古屋の選手のポテンシャルの高さです。矢野貴章がSBに入っているのには驚きましたが、結果的には本来の点取り屋としての役割を全うしました。玉田のドリブルも健在でしたし、中村直志も怖かった。なんといっても闘莉王の存在感は絶大で、マークされた平山が殆ど仕事をさせてもらえなかった。闘莉王は久々に見ましたが、改めて見ると運動センスの塊のような選手ですね、完全に虚を突いたと思ったプレーでも、おそらく反射神経だけで足が出て、きっちりセーフティな位置までボールを蹴り返すのを、この試合だけでも何度も目にしました。チームとしての完成度はまだまだで、おそらくそれが名古屋を低順位に貶めている要因ではあるのでしょうが、決して油断できない相手であることを再確認しました。もし前半、もうちょっとFC東京が押されていたり、危険な状態が続いていたのであれば、後半開始直後のあの失点は防げたのかも。そんな風にも思えました。


 FC東京の選手の駄目なところは、試合終了間際で集中力を切らしたこと。残りわずかというところで攻撃陣と守備陣がバラバラになり、なんでもないミスを連発しました。武藤や松田陸といったキャリアが浅い選手を後半投入したとはいえ、トータルで見てもまだまだFC東京はメンタルの弱いチームなんでしょうね、今後勝ち上がっていくには絶対に直さなくてはいけない課題です。


 次節、相手は最も相性の悪い、といって過言ではないチーム、浦和レッズとアウェイでの対戦です。今回以上に難しい試合になるのは間違いありません。できれば勝ち点1でいいからもぎ取ってきてほしい、そんな思いですが、連戦の中どうやってターンオーバーしながら戦術を構築していくのか、フィッカディンティ監督に期待です。


IMG_6983

IMG_6984



 今回のオマケ



IMG_6876

IMG_6879

IMG_6885

IMG_6902


 ハーフタイムに、青少年ガドウチャラコウチャラで警視庁のパレードがありました。「あまちゃん」の主役の女優さんも来ていましたが、彼女だったらピンでも相当ハーフタイムを盛り上げたでしょうね。



IMG_6909

IMG_6910

IMG_6912

IMG_6913

IMG_6917

IMG_6927

IMG_6943

IMG_6954

IMG_6955


 毎度おなじみ東京ドロンパ。おまえ白バイに何してんだwww。



IMG_7259


 2020年東京オリンピックに向けて国立競技場も解体・立て直し。準ホームスタジアムとしてFC東京も多くの試合をこのスタジアムでやってきましたが、この試合が最後となりました。できれば有終の美を飾りたかったものですが、そこは勝負事、なかなか上手くいかないもんですね。



 今回の写真はこちら