読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッションたぶんPossible

どこにでもいるシステムエンジニアのなんでもない日記です。たぶん。

3/23(日)、vs川崎、味スタ【多摩川クラシコ】


IMG_4674


FC東京 0 - 4 川崎


 第23回多摩川クラシコFC東京の惨敗で終わりました。まーーー、ひどい試合でしたね。ここまで酷い試合もそうそうないでしょう。J2落ちを経験したサポーターの中からは既に降格への危機感をあらわにする声も出始めました。そのくらいFC東京というチームにとって危機的な試合でした。


 この試合は直前のナビスコ杯の結果が反映されたのか、エドゥと千真が並ぶツートップの布陣。米本が武藤に代わりスタメンに顔を連ね、4-4-2の布陣で臨みます。
 一方の川崎はACLの影響もあってか前節まで絶不調だったのですが、今節から昨シーズンの良かった状態の布陣に戻したようで、結果からみても攻撃力溢れる危険なチームに戻っていました。


 前半30分くらいまではどちらかというとFC東京の試合だったのですが、それを過ぎるといいようにやられ始めます。FC東京の攻撃の起点であるエドゥは、このくらいの時間までは効果的に機能していたのですが、川崎DF陣にガッチリガードされて攻め手がワンパターンになったのも転機だったのかもしれません。


 この試合の敗因はいくつかあるのでしょうが、一番目立ったのは個々のミス。絶対にしてはいけないレベルのミスを連発し、それがすべて失点に繋がりました。オレの見ている限りでは、特に高橋秀人と東が多かったかなぁ。まぁサッカーはミスのスポーツですし、個人を責めても仕方ないのですが、この試合ではそれらがすべて致命傷になってしまったので、非常に悔やまれます。


 あとはコンパクトに保つはずの布陣が間延びしてしまい、攻撃陣と守備陣の連動が全然行えなくなっていたのも敗因でした。川崎の攻撃陣は大久保・レナト小林悠といったスピードのある強力なFW陣を、中村憲剛という日本屈指のパサーがスルーパスでどんどん走らせるので、こちらのDF陣がズルズル下がってしまう、ついていけず振り切られてGKと1vs1に持ち込まれてしまう、というシーンが多かったです。うちのGKが権田でなかったら失点は7くらいあってもおかしくなかったでしょうね。
 コンパクトな布陣を維持できなかったがためにセカンドボールは拾えず、パスの供給はスムーズに行かず、川崎の素早い守備への戻りにカウンターは封殺され、最終的には手も足ももがれたようにFC東京は轟沈しました。


 この試合を一番まずくしたのは、前述の通り個人のミスなんですが、やはり監督の采配も敗因の一つです。
 その最たるがカードの切り方で、後半開始時の先制され得点が必要な状況で、前の試合で好調だった河野を入れたのは良かったのですが、交代で下げたのが米本だったのがまずかった。おそらくはミスと攻撃力の低さから米本を下げたのでしょうが、米本の強みである強力な守備を失ってしまったがために、中盤でボールを奪うことができなくなり、一方的に攻められる展開となりました。3枚目のカードの羽生を入れたタイミングも良くない。ミスを連発していて敵の格好のカモと化していた秀人を下げたのは良かったのですが、羽生の最も効果的な使い方は、スタメンで起用してチーム全体をプレイスタイルで鼓舞していくことです。3点を失い完全に意気消沈してしまったタイミングでの羽生投入は、もはや手遅れ。エドゥ→平山はおそらく負傷交代でしょうが、それ以外に関しては、選手を小手先でしか理解していないのか、あわてていたのか、なんにせよ傷口を自らの手で広げてしまう結果となりました。

 戦術についても、フィッカディンティの采配には疑問符が付きます。昨季の反省を生かしての守備強化が今年の課題だったはずが、失点ペースはむしろ昨季を上回っています。パスをまわして回して的を絞らせず相手を走らせて結果的に攻撃の時間を長くすることで守備につなげていく昨季のDFの方が、いくぶんマシだったのではないか。多くのサポーターが今日の試合を見て思ったはずです。それは攻撃面も同じで、エドゥに当ててそこから展開する、というやり方は非常にシンプルですが、エドゥがマークされた時の引き出しが殆ど無いように思えます。攻撃力の無さは昨季も一緒ですが、ポゼッションが低くなり昨季より相手にボールを持たせる時間が長くなった分、より攻撃される・こちらが攻撃できない時間が増えたように感じます。果たしてこのままの戦術でいいのだろうか?このまま夏に向かうことが非常に危険に感じました。


 まだシーズン序盤とはいえ、4試合終えた現在の順位は16位。降格圏です。フィッカディンティ監督には今回の試合でイエローカードが提示されたと思っています。選手もメンタル面での成長が見られず、2失点後は戦う姿勢も示せずあまりにふがいない姿を曝したまま大敗しました。もし英断を行うのであれば、W杯中断前に行わなくてはならず、だとすれば、あと数試合でその判断を下す必要があるはずです。監督交代、選手補強、あらゆる可能性を否定せず臨んでほしいです。本来魂のぶつかり合いを期待するはずのダービーマッチであんな醜態を曝した代償は、決して安くないと感じていますし、感じてほしいです。


IMG_4427

IMG_4458

IMG_4522

IMG_4603




 今回のオマケ



 多摩川クラシコ恒例の下部組織マッチ「多摩川コラシコ」。トップチーム同様に0-5で川崎が圧勝でした。父兄やマスコットの応援の中、和やかに行われていましたが、あのなかで1人でも2人でもトップチームに上がれる選手が出てくるといいですね。


IMG_4276

IMG_4281

IMG_4283

IMG_4286

IMG_4297

IMG_4299



 試合前の選手入場時の様子。フェアプレーフラッグを持った人の様子が右真ん中のなんかおかしいというか気取っているというか……。


IMG_4380



 選手入場時のアウェイ(川崎)側ゴール裏のコレオグラフィ。


IMG_4384



 今回は映画の上映が近いこともあって、仮面ライダー鎧武とのコラボが行われました。試合前にはちょっとした寸劇があったりと、映画アピールに余念がない感じ。その中でも普段通りお調子者の我らが東京ドロンパには感嘆しますわ。


IMG_4317

IMG_4326

IMG_4324



 ハーフタイム。同じく鎧武とドロンパ。鎧武ってたまに日曜朝に見ることがあるんですが、キャラクター名とか知らないんですよね、話はけっこう重い内容みたいでしたけど。


IMG_4637

IMG_4641

IMG_4647



 今回のその他の写真はこちら。