読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッションたぶんPossible

どこにでもいるシステムエンジニアのなんでもない日記です。たぶん。

NAVERまとめを自分メモとして使うと便利

雑記

はじめに

 最近ブログ更新サボっててすみません。公私ともに壮絶に忙しくて…。とりあえず小ネタでお茶を濁しておこうかと思います。


NAVERまとめ」というサービスをご存知でしょうか。Webを利用していれば、サービス名は知らなくても、何かしらの形で見たことがあるんじゃないかと思います。ゲリラ豪雨や台風になると大量に関連画像がまとめられる、あれです。


 何を隠そう…ってちっとも隠してないですが、実はオレもいくか「NAVERまとめ」を利用して記事を公開しています。


 この「NAVERまとめ」というサービスは、アクセス数やアフェリエイトのクリック数に応じてインセンティブ…つまり、お金が貰える仕組みになっているそうです。(実際に貰ったこと無いから本当かどうか知らん) まぁインセンティブに興味が無くても、適当に拾ってきたWeb記事や画像、ツイートを貼りつけるだけで、非常に簡単に記事を作ることが出来ます。ブログまで手の込んだことはやりたくないけど、ちょっとアウトプットしたい、と言う人には向いている媒体だと思います。


 さて、オレはこのNAVERまとめ、実は他人の為には一切書いていません。公開こそしていますが、完全に自分の為です。いわばメモとして活用しています。例えば以下のプレゼン資料、オレが過去に作成・発表したものですが、上記のまとめから引っ張ってきたものが満載であることが分かると思います。




 「NAVERまとめ」をメモとして利用すると何が便利か、簡単に列挙してみます。

どこでもWebから閲覧・更新できる

 「NAVERまとめ」はWebサービスなので、Webにつなげればどこからでも閲覧も更新も出来ます。画像、動画、Twitterのツイート、文章、なんでもござれ。装飾とかは難しいですが、そんなことしなくてもそこそこの見栄えになってくれます。

 …まぁこの程度だとEvernoteの方が便利かもしれませんね。オレはEvernote使ったこと無いけど。

ネタを整理し易い

 オレの場合ずぼらで整理下手というのもあり、ネタをストックしておくと二度と探せない事態が結構起こります。あのネタをストックしたのは会社のPCだったか自宅のPCだったか…。どこのフォルダに入れたか分からなくなったり、別のデータと一緒に削除してしまったり。

 なので、自分のローカルは信用しないで、基本的にネットに置くようにしています。ビバ、クラウド時代!

簡単に他人に貸せる(見せることが出来る)

 URLだけ共有すれば簡単に他者と情報共有できます。Evernoteだとこうはいかない(はず)。ついでに言うと、「NAVERまとめ」には更新に他者を参加させることが出来るので、他の人と一緒にメモを作ることが出来るようにすることも可能です。

どこから引用したか分かる

 これは画像に限った話かもしれませんが、「NAVERまとめ」は画像を貼っておく際、必ず引用元のサイトURLを書く必要があります。書かなくてもいいけど、そうしたい場合には一旦画像をローカルに落として、自分名義でuploadしなくちゃいけない。

 ややもすると、この手順は面倒なのですが、例えばプレゼン資料のように、資料の出自を明らかにしておく必要がある場合なんかには、画像の由来がどこだったのか強制的に記入することになるので、結果的に忘れずにメモできるのです。

インセンティブ

 インセンティブは正直オレはあまり重要視していない(そもそも全然労力に見合わない)のですが、モチベーションを保つ役割は果たしてくれると思います。自分用のメモを公開しといたら金が降ってきた、なんてラッキーはなかなか無いですからねぇ。

 ちなみにオレの場合、上記だと名言集が一番アクセス数が多くて13万程度、ネタ画像集が10万程度、SNSまとめが2万程度といったところですが、これだけのアクセス数で現在のインセンティブの総額が1300円程度です。自販機の下を漁り歩いた方がよっぽど儲かるでしょうな。



 一方で、自分用のメモとして「NAVERまとめ」を使うと、どの辺にデメリットがあるでしょう?

Webに広く公開される

 自分の内に留めておきたい内容の場合、「NAVERまとめ」はWebに広く公開されてしまうので向きません。下書きのまま内容を更新し続ける、という方法も無くはないですが、だったらEvernoteとか別のサービスを利用した方がよっぽど便利だと思います。「Webに公開されること」をメリットと考えるかデメリットと考えるかは、利用者の思惑と、掲載する情報の内容に左右されますな。

装飾できない

 Togetterなんかと比べて、文字の装飾とかはできません。HTMLタグも使えません。シンプルイズベストがお嫌いな人には向いてません。

記事内検索ができない

 オレが一番不満なのはこれかなぁ。名言集だと現時点で45ページもあるので、欲しい名言をなかなか見つけ出せないんですよね。まぁこういう使い方をするユーザーはあんまりいないから敢えて実装してないのかもしれませんが。


まとめ

 というわけで、デメリットも色々あるし、そもそも公開できない内容のメモだと「NAVERまとめ」は不向きなんですが、一方でTogetterEvernoteに比べて出来ることがシンプルで限られているので、どこでも簡単に見れて更新できる、という点のみを考えるのであれば、なかなか便利なんじゃないかと思います。記事内検索機能は出来れば付けてほしいなぁ。労力には全然見合わないと思うけど、一応インセンティブも出るので、自分の為の作業のついでに小遣い貰っちゃったラッキー♪ みたいなハッピーを手に入れたい方にも向いてると思います。

 とりあえず、ブログ書くよりは圧倒的に手軽だと思うんで、試しに遊んでみると面白いんじゃないでしょうか。